整形でエラ削りを考える前に

整形でエラ削りを考える前に

エラが張っているのが気になる、顔が大きく見えて嫌だから小さくしたいと考える方は割とたくさんいますね。
そこでまず思いつくのはエラ削りでしょう。
これは骨格の問題なので、出っ張っている骨を削るしかないと思うかもしれません。
しかし美容整形でエラを削るのには100万円以上の費用がかかりますし、術後も数か月ほど痛みや違和感が残ります。
骨を削るのでやはりリスクはありますし、元に戻したいと思っても戻せません。
エラ削りを考える前に、まずはボトックスなどの小顔術で様子をみて、それから削ることを考えてはいかがでしょうか。

整形でエラ削りをしたことについて

もともと顔が張っているような形をしているのが嫌で、その原因がエラが張っているためということが分かり、整形カウンセリングを受けました。 その結果エラ削りをすればすっきりした顔になるということでしたので、思い切って整形をすることにしました。
手術中の痛みなどは局所麻酔をしてくれていたので問題はありませんでしたが、エラ削り後のダウンタイムのときに痛みがあると説明された通り、最初の数日間はそれなりに痛みを感じ続けていました。 ただ1、2週間を過ぎると気にならなくなるレベルにまで痛みは引き、顔がすっきりとしたため結果的に整形の決断をして良かったと思っています。
エラの後ろのみを削るため神経に触れずに施術ができると言われていて、確かに麻痺などの重い症状は出なかったのですが、痛みが引いた後軽い痺れが施術した箇所を中心に数日間とれず少し不安でした。 その痺れもある日気づいた時には無くなっていたため助かりましたが、整形をするうえでは可能性は極めて低いけれどもそれなりのリスクを負わなければならないというのはよくわかりました。
施術後の効果は良好で、顔がすっきりとして鏡を見て気持ちが沈むことがなくなり、なにより人と話しているときに相手の目線を気にすることがなくなったので話に集中できるようになったのが最大のメリットです。

エラ削り 整形前田敦子が過激整形でエラ削り?画像は?佐藤健泥酔事件の真相は? | 画像・動画で楽しむ!最新エンタメ速報